先生

精神病治療の費用

ハート

有名な病気なら

うつ病は精神病の一種で、年齢性別問わず、誰でも発症してしまう可能性のある予期できない病気として有名です。20年以上前から患者数が増えてきており、現在100万人以上も療養を行っている方がいらっしゃるようです。又、調査によると、専門医の診察を受けていない方が4人に3人もいると言われており、軽度のうつ病発症者がたくさん存在していることがわかっています。うつ病は種類が多いため、発症の判断や治すのが非常に難しい病気なので、自己判断で治療を始めてはいけません。気分の浮き沈みで一時的に発症するタイプや、結婚前や出産時に限定して起こるタイプもあり、それぞれ治療方法が異なるので診察をしてもらう必要があります。もちろん自然治癒の可能性はゼロではありませんが、治療が遅くなるにつれて悪化するケースもあるので、自身が発症したと感じたら診察を受けるようにしましょう。インターネット上に開設されているうつ病の専門サイトでは、自己判断できるチェックシートを無料でアップしているところもあり、どの程度の状態なのか確認することは可能です。うつ病の診察は、心療内科もしくは精神内科で受けることができ、カウンセリングによる症状の確認と身体検査などで判断されます。多くの方が休職しながら治療を進めなければいけないので、生活を普通に送れるか不安になられる方もいるそうです。うつ病になってしまった場合、過度な労働や精神的苦痛を感じる仕事をすることは難しいので、必ず休養しながら治療しなければいけません。そんな時は、治療費を軽減できる自立支援医療制度や、様々な理由で仕事ができない方のための生活保護をセーフティーラインとして活用しましょう。自立支援医療制度を適用すると、1度に掛かる医療費の負担額を1割に減額することができ、所得に応じて1ヶ月に掛かる負担額に上限を設けることが可能になります。生活保護は、1ヶ月ごとに必要最低限の生活費の支給がされ、医療費が免除される制度で、家族と一緒に暮らしていない多くのうつ病患者が利用しています。但し、生活保護を需給する場合、様々な制約があるので、一度詳細を確認した上で利用するかしないか判断して下さい。支援制度を活用せず、うつ病の治療を行うと、初診で3000円から6000円、再診で2000円から4000円も負担しなければいけません。又、処方箋代や治療に必要な薬代も別途必要になるので、かなり負担が大きくなってしまうので、なるべく支援制度を活用した方がいいでしょう。