先生

心の病は完治可能

レディ

早目の治療が必要

うつ病は既に100万人を超え、年々増加の傾向にあります。うつ病は現代の様なストレス社会では、誰もが患う可能性がある心の病の1つです。うつ病になると様々な症状を引き起こします。個人差がありますが、症状として共通しているのが不安感や焦り、意欲の低下や睡眠障害です。自覚できる人もいますが、中には長い間自分がうつ病である事に気が付かないまま独りで苦しんでいる人もいます。睡眠障害の症状が酷い人は集中力が持続せず、仕事上のトラブルを起こしがちです。うつ病は初期の段階で何らかの対処をする事で完治させる事が可能な病気です。周囲の人がいつもと違う様子に気が付いてあげる事で治療の機会を得る事ができます。早めに専門医による治療を受ければ、その分だけ早く社会復帰する事ができます。しかし中には症状を悪化させてしまい、何年間も治療を受ける事になる人も少なくないです。うつ病の治療は一般的に精神科で受けます。精神科では主に専門医による薬物治療が中心に行われます。抗うつ薬や向精神薬、睡眠薬を組み合わせて治療します。これ等の治療薬については多くの人が副作用についての不安を感じます。しかし最近の治療薬は一昔前のものとは違い、強い副作用に苦しむ事なく、安心して利用し続ける事ができます。更に精神科医による認知行動療法等の精神療法や臨床心理士によるカウンセリングを受ける事ができます。カウンセリングでのコミュニケーションを通じて、うつ病の原因を探る事もできます。人によっては回復へのきっかけを見つける事ができる場合もあります。自分がうつ病になっているかもしれないと感じても、精神科の利用についてを躊躇う人もいます。しかしここ数年は、心の病への偏見はかなり少なくなっています。心の風邪を患ったと考え、気軽に利用する人が増えつつあります。まずはかかりつけの内科医に相談するのも良い方法です。症状を説明して必要があれば専門医を紹介してくれます。治療がはじまったら少なくとも数ヶ月間は通う事になります。薬物療法の効果が感じられるまでには個人差がありますが、約2週間程の期間が必要です。薬を自分の判断だけで中断すると禁断症状を生じる場合があります。必ず医師の指示通りに治療を受ける事が必要です。そして心の病の治療については医師やカウンセラーとの相性が大きく影響する事があります。長期間効果が実感できない場合は別の施設での治療を受ける事も必要です。実績のある優良な専門医による治療が必要です。その様な専門医を見つけるには口コミサイトの口コミを参考にするのも良い方法です。