先生

心の中は穏やかではない

メンズ

焦燥感を抱く

たいてのうつ病の人は、気持ちが焦っていて心の中は穏やかではありません。何かをしなければならないけど何もできないと焦ってばかりの状態です。あまりにもこの焦燥感が強いと自己否定の方向へ引っ張られるようになります。未来の自分はこんなはずではないのになどと自分を責め続けてしまうわけです。不甲斐ない自分を何とかしようとして、焦ってイライラしてしまうことも多いです。他人の目、すなわち、他人からの自分の評価も気になっています。そのため、その評価を上げなくてはならないと焦っています。世の中には、やたらと焦っている人もいますし、逆に物に動ぜずに泰然自若とした人もいるわけです。仕事でも役割でもなんでもそつなく実行できているのであれば、どちらのタイプでも構いませんが、泰然自若として実行力があるほうが、世間の評価は高いです。一方、泰然自若としても何もできない人は無能力としか評価されませんが、焦っていて実行力がない人の場合、一生懸命の姿勢は評価されます。よくよく考えればあまり大差ないのですが、無能力と評価されてしまうのを恐れる気持ちが強い人ほどジタバタと焦ってしまうわけです。うつ状態になると自分の能力が以前よりも落ちてきたと感じてしまいがちです。そのため、自分の評価を上げるために何とかしなくてはという焦りから空回りが生じ、その人の心を悪循環へと導いてしまいます。その結果、ますますうつの症状が進行していくわけです。実際のところ、うつ病の初期のころでは、能力が極端に落ちているわけではありません。多少なりとも落ちてきているかもしれませんが、毎回100パーセントの能力で仕事などの役割をこなしている人など何処にもいません。うつ病になりやすい人は、どんな時でも100パーセントでこなせなければ満足できない性格の人が多く、自分に対して厳しいところがあるのも特徴です。逆にいえば、うつ病になりやすい人は、自分の能力に対する評価が低い傾向にあります。謙遜というよりは、自分には能力なんかないと考えてしまっています。すなわち、いつも自分の能力を向上しなければならないと考えている頑張り屋さんということです。このような人はいつも弓を張ったような状態の生活を強いられていることがほとんどになります。この自己評価の問題や性格の問題はカウンセリング治療にも関係してくることです。治療の中では、この思考を変えていくための認知療法などがとられることが多く、薬物治療とあわせて進められていきます。